曲げ試験

(英語:Bend Test)

所定の材料の剛性および降伏特性を測定する方法。広範な材料の種類に関する曲げ試験結果を説明するための、標準化された用語は存在しない。むしろ「曲げ試験」に関する用語は、材料の具体的な形あるいは種類に対して適用される。例えば、材料の仕様では時によっては試験片を所定の内側直径まで曲げることが要求される(ASTM A-360、鋼製品)。溶接部の延性に関する「曲げ試験」は、ASTM E-190に与えられている。ファイバーボードの試験結果は、破損の記述あるいは写真により報告される。(ASTM D-1037)