校正

(英語:Calibration)

校正とは、標準となる既知の値の使用をとおして測定計器の精度を確認して調整する行為です。
校正は、標準値と呼ばれる既知の基準値と、検査した装置から得られる未知の値とを比較することです。大半の場合、既知の標準値は、校正される機器からのレスポンスを促すために使用され、試験対象の機器からのレスポンスはその後その標準値と比較されます。この標準値と試験対象の装置の観察値との差が校正による結果となります。