CEAST(チアスト)

(英語:CEAST: Compagnia Europea Apparecchi Scientifici Torino )

CEASTとは、Compagnia Europea Apparechhi Scientifici, Torinoを表している。これは、イタリア語で「トリノにある欧州科学計器会社」を意味する。
この頭字語から、CEASTはイタリアで設立されたと想像するかもしれない。しかしながら、現在この会社はもはや単なる欧州の会社ではなくなっている。CEASTは、2008年にイリノイ・ツール・ワークス(ITW)に買収され、その「試験測定グループ」の「インストロン事業部門」の下に位置づけられている。

現在CEASTの製品は、インストロンの販売サービスチームならびに地域の代理店をとおして世界中に販売されている。

この会社は、最初はマリオ・グロッソ博士によって1953年に設立された。CEASTは、第2次世界大戦で消滅したイタリアの石油化学産業向けに計器を納入していた。その後CEASTは、ジュリオ・ナッタ博士(ポリプロピレンの最初の合成に関するノーベル賞受賞者)と協力して、ポリマーのキャラクタライゼーション、研究および品質管理用の計器の開発を開始した。CEASTは、1960年に最初の「メルトフロー」計器を開発するとともに、すべてのポリマーの種類に関して、機械的、物理的および流動性のキャラクタライゼーションを行うことのできる最新試験装置のサプライヤーとして知られていた。

CEAST製品は、今でもイタリアで設計・製造されている。