圧縮および回復試験

(英語:Compressibility and Recovery Test)

圧縮および回復試験とは、ガスケット材料に常温で短時間の圧縮荷重をかけたときの挙動を測定する試験。標準的な試験方法はASTM F-36に記されている。この試験では、長期間における挙動(クリープ)は測定されないので、可塑度試験と混同しないように注意が必要。