クリープ試験

(英語:Creep Test)

クリープ試験とは、クリープ応力緩和を測定するための試験。クリープ特性の測定では、材料に一定の温度下で長期にわたり一定の引張荷重または圧縮荷重がかけられる。ひずみは指定の時間の間隔で記録され、クリープひずみ-時間線図として表される。曲線の傾きはクリープ率である。破壊(破断)が生じたら、試験は終了され、破断した時間を記録する。試験時間内に試験片が破断しなければ、クリープ回復が測定できる。材料の応力緩和の測定では、試験片を指定量変形し、一定温度に長期間にわたり晒し、その間の応力の減少を記録する。標準のクリープ試験手順は、ASTM E-139、ASTM D-2990およびD-2991(プラスチック)、そしてASTM D-2294(接着)に記載されている。