擬似チャネル

(英語:Derived Channel)

「擬似チャネル」とは、試験片をモニターする変換器からのデータを用いて求められる試験データチャネルである。例えば応力は、ロードセルからの荷重データを用いて求められ、平均ひずみは2つのひずみチャネルの値を足して2で割ることで求められる。「擬似チャネル」のなかには、試験の種類に固有のものがある。例えば、曲げ試験は荷重を外繊維応力係数で割ることにより求められる。