延性破壊(衝撃試験)

(英語:Ductile Failure - Impact)

割れに沿った顕著な降伏と塑性変形とによって特長づけられる材料の破壊モード。計装化衝撃試験時における荷重-時間線図では、最大点近傍では傾き零の領域が現れ、試験片がさらにエネルギーを吸収することにより、時間とともに曲線は最大荷重点を超えて伸びる。

ドロップタワー試験においては、ドロップハンマー(落下槍)は、破壊点から外側に向かって割れを生じるよりも、むしろ穴を開けるか、試験片の厚みをすべて貫いて破壊する。衝撃領域には、伸ばされて薄くなった部分が現れる。