荷重偏心

(英語:Eccentricity of Loading)

荷重偏心とは、圧縮や引張荷重の実際の作用線と、試験片の断面にわたり均一の応力を生じさせることのできる荷重の作用線との距離のこと。