見かけ弾性限度

(英語:Elastic Limit, Apparent)

見かけ弾性限度とは、応力-ひずみ線図において、はっきりとした直線部分が現れない材料の弾性限度の、任意の近似値のこと。応力ゼロ点よりもひずみ速度が50%大きい点における応力に等しい。応力-弾性ヒステリシスひずみ曲線と、応力軸に対して曲線の起点における傾きよりも50%大きな傾きを有する直線との接点での応力。