降伏時エネルギー(衝撃試験)

(英語:Energy to Yield - Impact)

降伏時エネルギーは、試験片が降伏するまでに試験片によって吸収されるエネルギー。つまり、試験開始から降伏点までのあいだの荷重-たわみ線図で囲まれる面積である。