公称応力

(英語:Engineering Stress / Conventional Stress / Nominal Stress)

公称応力とは、引張試験や圧縮試験で、試験片にかかる荷重を試験片の断面積で割った値のこと。荷重による断面積の変化(増減)は、計算上の公称応力では無視される。