弾性係数

(英語:Modulus of Elasticity)

弾性係数(または弾性率)とは、応力に応じたひずみの変化率のこと。応力-ひずみ線図における直線部分の傾きに相当する。接線弾性係数とは、応力-ひずみ線図の任意の点での接線の傾きのことである。セカント弾性係数とは、任意の点での応力をひずみで割った値であり、応力ひずみ比とも呼ばれる。

Tangent Modulus of Elasticity

接線弾性係数とセカント弾性係数は、材料の比例限度以下では等しくなる。応力-ひずみ線図に表されている荷重の種類により、弾性係数の呼び方は次のように変わることがある:圧縮弾性係数、曲げ弾性係数、せん断弾性係数、引張弾性係数、ねじり弾性係数。弾性係数は、動的試験でも測定されることがあり、その場合は複素弾性係数から求められる。通常、単に”弾性係数”と引用される場合は、引張弾性係数であることが多い。せん断弾性係数は、ほとんどの場合ねじり弾性係数と等しく、両者は横弾性係数とも呼ばれる。引張弾性係数と圧縮弾性係数はほぼ等しく、ヤング率として知られている。横弾性係数とヤング率の関係は、次の等式で表される:

Modulus of Rigidity Formula

E:ヤング率 (psi)
G:横弾性係数 (psi)
r:ポアソン比