ポアソン比

(英語:Poisson's Ratio)

ポアソン比とは、軸荷重を受ける試験片における軸ひずみに対する横ひずみの比。ポアソン比が0.5の物質は、変形による体積変化がない。鋼ではだいたい0.3くらい、ゴムでは0.4~0.5程度であることが知られている。また、ポアソン比の逆数をポアソン数という。

ポアソン比:r=横ひずみ/軸ひずみ
ポアソン数:m=1/ポアソン比

横弾性係数ヤング率(縦弾性係数)の関係は次の式で表される:

Poisson 

E:ヤング率(縦弾性係数)
G:横弾性係数
r:ポアソン比

上式は材料の弾性限度内でのみ成り立つ。ポアソン比の測定方法はASTM E-132に記載されている。