S-N線図

(英語:S-N Diagram)

S-N線図とは、疲労試験において、似通った試験片の破壊を引き起こすために必要とされる繰返し数(N)に対する応力(S)をプロットした線図のこと。S-N線図における各曲線のデータは、様々な変動応力を受ける多数の試験片の疲労寿命を測定して得られる。応力軸は、応力振幅、最大応力または最少応力を表す。