スタンドアローンモード

(英語:Standalone Mode)

ソフトウェアを起動する場合、ソフトウェアはコンピュータに接続されているフレームを検出する。フレームが接続されていないと、そのソフトウェアは「スタンドアローン」モードで作動する。これにより、「試験片」について試験を実施する以外は、何でも実施することができる。