ひずみ速度(適応)

(英語:Strain Rate (Adaptive))

金属試験にのみ用いられる。位置制御の実施中における外側ループひずみ制御。「ひずみ速度(適応)」は、これが適用されるランプをとおして機能し続ける「ひずみペーシング」技法の1つである。外側ループソフトウェアアルゴリズムが、Bluehill内の現在のデータストリームを監視し、Bluehillの引張ひずみセンサーにより測定される引張ひずみの速度をユーザーが定めるように実行するため、位置速度を変更する。「ひずみ速度(適応)」では、モードが規定されたランプ全体をとおして、試験片に取り付けられた伸び計が必要となる。試験中にひずみが伸び計の最大限界を超えた場合には、モードは「ひずみ速度」をデフォルトとし、固定クロスヘッド速度を用いる。「ひずみ速度(適応)」制御モードは、要求される「ひずみ速度」を維持するためクロスヘッド速度が常に更新されるという点において、「ひずみ速度」とは異なる。「ひずみ速度」は、目標の「ひずみ速度」と試験片の(平行)ゲージ長にもとづき、ただ1つの位置速度を計算する。この速度は、ランプ全体をとおして一定に維持される。「ひずみ速度(適応)」モードは、Bluehillに目標「ひずみ速度」を計算させるよりも、むしろオペレータが目標「ひずみ速度」を直接入力するという点において、「ひずみ速度」とは異なる。しかしながら、規格では、金属試験は規定の応力速度限界内で実施するよう多くの場合要求される。その結果、試験が規格の要求条件に適合したことを検証するため、オペレータは試験終了後に応力速度を自分で計算しなくてはならない。「ひずみ速度(適応)」は「ひずみペーシング」アルゴリズムを用いるので、これは真のひずみ制御モードではない(すなわち、ひずみ装置からフィードバックするため直接応答する)。従って、試験する規格の応力要求条件にデータが適合することを確認するため、データをチェックするべきである。試験が規格の応力速度の要求条件内に入ることを検証するため、応力-時間線図を測定し、その線図の直線部分を計算する。「ひずみ速度(適応)」モードはHRD伸び計に適合する。この伸び計は、「5500シリーズ」試験機のみに適用される。