応力振幅

(英語:Stress Amplitude)

応力振幅とは、疲労試験において、試験片に生じる変動応力の範囲の半分。S-N線図の作成には、通常、応力振幅が使われる。