全たわみ(衝撃試験)

(英語:Total Deflection (Impact))

「全たわみ」は、落重あるいは振子によって与えられる力の結果、試験片の変形の全体量(ハンマーと接触する点における)である。これは、割れの伝播後に荷重曲線がゼロに戻る点におけるたわみの値である。