極限強さ

(英語:Ultimate Strength)

極限強さとは、破断前に材料に生じる最大の公称応力のこと。極限強さを測定する際には、通常、荷重の変化やネッキング(くびれ)による断面積の変化は無視される。