上降伏点強さ

(英語:Upper Yield Strength)

「上降伏点強さ」は、材料が弾性変形から塑性変形に遷移する際に、応力あるいは荷重が突然平らになる、あるいは低下する点を表す。この点は、「降伏点伸び(YPE)」の開始も示す。

「上降伏点強さ」は、国際金属試験規格において、通常はReHあるいはUYSとして参照される。