検証

(英語:Verification)

調査対象の機器の「検証」とは、その機器の予期される性能仕様に対する校正結果との違い(測定「誤差」)を評価することである。

ASTM規格あるいはISO規格の性能仕様は、規格と試験対象装置とのあいだの誤差(違い)の許容限界を決定する。校正結果(誤差)が誤差の許容限界未満であることが分かった場合には、その装置は装置の性能仕様を満足するか、あるいはその性能仕様に適合することが立証されたこととなる。装置は、その性能仕様に適合しないことを立証されることもあり得る。