接着剥離治具

接着引剥がし試験は、「90°または180°引剥がし」、「T 字引剥がし」、または「フローティングローラー」のいずれかを用いて行うことができます。データ解析は基本的には同じです。引剥がし試験の解析には、所定の引剥がし長さにおける荷重値の平均化処理が必要です。

操作原理

引剥がし治具は、積層表面コーティング、フィルム、容器、および硬い裏張材との間の接着強さ、ならびに他の接着構造材の接着強さを測定するための使用条件を定めます。試験を開始するためには、裏張材から積層材を一部引剥がします。次にこの裏張材を治具に差し込み、該当する上部グリップにサンプルの自由端を差し込みます。次に、クロスヘッドに結合されているこの上部グリップがサンプルを引っ張る方向に移動して、裏張材から積層材が引剥がされていきます。積層材を引剥がすために必要な力は荷重測定システムによりモニターされ、これにより直接接着強さの測定が行われます。

アクセサリ