伸縮性織物治具

詳細

織物用のループグリップは広幅または狭幅の弾性織物の引張・伸び試験に用いられます。この試験は各種の材料または組合せ材料を用いて実施され、伸び率一定の条件下で試験が行われます。試験手順としては、試験対象の試験片に対して規定された点まで、「所定の伸びにおけるループ張力」および「所定ループ張力における伸び」をかけて、その後ゼロに戻すサイクルを3回必要とします。この手順はASTM D 4964に説明されています。

操作原理

このグリップは本体がU型の形をしていて、バンドクランプとも呼ばれます。このU型の一端を可動式クロスヘッドと試験機のベースに装備されているコネクターに取り付けます。U型のもう一つの端部は直径が6.5 mm あり、この部分が試験片に接触します。試験片は巻かれて、その端部は単針縫いを用いて2列が縫い付けられ、ループが形成されます。次にこのループは上下グリップ両方の周りに入れられて試験準備が完了します。

アクセサリ

アクセサリ
品名 Cat #
Fabric Loop Grips 2717-080