2527シリーズ 2軸ロードセル「Dynacell™」

詳細

油圧サーボ試験機での実行される疲労試験中に、装置の構成機器は加速度を受けます(加速されます)。その結果、ロードセルは標準片にかかる荷重に加えて、ロードセル自身の動きと、 試験機に取付けられたグリップや固定治具などの質量による慣性力から生じる荷重も読み取ってしまいます。 Dynacellは動的荷重を測定する為に設計された世界で初めての正しい動的荷重を測定するロードセルです。 Dynacellには以下の利点があります。

  • 荷重測定値のエラーを大幅に低減します。
  • 試験の信頼性を維持しながら、より高い周波数での試験を可能とし、生産性を向上します。
  • 一般的に周波数を2倍に向上することが可能です。

操作原理

Dynacellはロードセルの中心(試験機の試験軸芯)上に加速度計を直接取り付けています。これにより中心から外れた荷重に起因する加速度の読み取りエラーのリスクを低減します。 これは次の利点があります。

•加速度計が試験軸芯上にあり、振幅と位相の誤差の両方を排除します。

•自動セットアップは1分未満で完了できます。

•オペレータ間での設定に一貫性と信頼性があります。

Dynacellからの加速度信号は8800型 コントローラーシステムで処理され、 システムにて自動チューニングされ慣性力補正は自動的に設定されます。 これにより、作業効率の向上ととオペレータの操作によるエラーが低減されます。 これを自身で実施したいユーザーは、この機能をオンまたはオフに切り替えたり、手動で補正係数を設定することができます。この機能により、ロードセルの測定値に含まれる慣性力による荷重分が差し引かれ、試験片にかかる”真の荷重”を計測することが出来ます。

適用範囲

Instron 2527シリーズDynacell 動的ロードセルは、8800 シリーズコントローラーと共に使用すると、 ISO 75001 1、0.5等級、ASTM E4、EN10002 Part 2、JIS(B7721、B7733)及び ISO 10002 Part 2 の要件を満たします。

アクセサリ