CalproCR ソフトウェア

校正の品質を最適化

インストロンの校正室は、工場における補正と線形化のプロセスを自動的に行うCalproCR ソフトウェアを開発しました。CalproCR ソフトウェアは、データ採取、不確実さ解析を行い、またISOとASTMの規格に適合するかチェックし、校正と検証過程の最後には完全な報告書を整えます。

装置停止時間を極小化

CalproCR ソフトウェアは、報告方式を顕著に改善するだけでなく、一連の作業工程のスピードを速め、ヒューマンエラーを事実上根絶します。ASTM、ISO、DINや他の検証規格は、チャート記録計やデジタル表示、コンピュータ、等からの読み取り記録が、個々に検証されることを求めているので、このことはとても重要です。

更に、注意しなければならないのは、ISO 17025やISO10012-1(MIL Spec 45662A代替)、ANSI 2540は、検証や校正が前回のものと著しく異なる場合、または、調整が成されていた(見つかったり残されていたりした)場合、その旨の通知を要求していることです。インストロンのコンピュータ処理による文書化は、前回や次回の検証結果との比較を、より簡単に迅速に行うことを可能にしています。