校正と検証

校正と検証という言葉は、多くの科学的な学問分野や産業界で通常的に、また類似した様々な意味で使われています。加えて、この2つの用語の意味するところは、時とともに変化し進化してきました。これらの用語は非常に密接に関係していますが、しばしば間違われ、混同されてきました。これらの用語の説明と、互いの関係性について、次のリンク校正(Calibration)と検証(Verification)をクリックしてみて下さい。

校正と検証の重要性

試験機の定期的な校正は、性能を時系列に記録するものであり、測定の一貫性誤差ドリフトなどの重要な情報を与えてくれます。検証により、試験が期待通りに機能し、試験結果が許容できるかどうかを知ることができ、また、調整のような、プロセスに関する何らかのアクションが必要であるかどうかを知ることができます。適切なコンディションにある試験システムにおいても、定期的な校正と検証は重要であり、お客様とお客様の顧客に、システムとプロセスが正しく管理されているという確信を与えてくれます。 ASTMとISO規格(例えば、ASTM E4やISO 7500-1)に従った校正は、基本的な可/不可や得点グレードの判定・通知のみならず、かなりの量の詳細な計量標準データを与えてくれます。これらの情報の一部は、日常的な試験を実行している方々には直ちに役立つことにはならないように見える場合もありますが、試験データを使っている、設計や品質、安全、環境の責任者には、大きな価値を持つ可能性があります。