北米 オーストラリア アジア

北米とアジア/太平洋地域における校正業務は、インストロン本社とノーウッドの北米研究センターによってコーディネートされています。インストロン北米試験室は、国家自主試験所認定プログラム(NVLAP)によって認定されています。インストロンが受けたNVLAPの認定は、工場における校正および、北米、中国、日本、韓国、シンガポール、インド、タイ、オーストラリア、台湾における現地校正をカバーしています。 インストロンが受けたNVLAPによる認定範囲については、NVLAPによる認定範囲(NVLAP Scope of Accreditation)をクリックして参照または印刷してください。 以前に米国試験所認定協会A2LAにより認定を受けた校正サービスは、現在、NVLAPによる認定の範囲内になっています。 インストロンの校正室は、世界中の全ての校正と検証に関しての中核的役割を果たしています。ノーウッド試験所は、力と硬さ、CEASTとDynatup製品の認定された校正を提供します。この試験所は、米国国立標準技術研究所(NIST)により運営されている、国家自主研究所認定プログラム(NVLAP)により認定されています。このプログラムは、Lab Code 20030-0に指定されています。校正業務で用いられる全ての規格は、NISTの標準に対して直接的にトレーサビリティを確立しています。

最高標準に対する証明書とトレーサビリティ

インストロンの検証業務に用いられる、全ての実用標準器は、米国国立標準技術研究所(NIST)を通じて、SIに直接的にトレーサビリティを確立しています。全ての手順は、ASTM規格に適合する、あるいはそれを超える水準になっています。 証明書は、各々の変換機ごとに、各時点で採取された実際の検証結果を示す報告書と、トレーサビリティ情報とともに発行されます。 今日、規格への適合は重要な課題です。お客様の顧客や裁判所は、試験データの信頼性に対しての責任をお客様に求めることができます。このため、試験機の経過年数に関わらず、全ての試験システムを国内または国際的な規格に適合するよう、定期的に検証することを おすすめ致します。 インストロンの校正室の個々の能力についての、より詳細な内容に関しては、下記から選んでクリックしてください。 荷重校正(Force) | 硬さ(Hardness)

投資設備を守る

試験装置の性能は経年変化しますが、定期的な現場での検証を受けていただければ、正確性と再現性を確実にし、必要な修理や調整の必要性を知ることができます。