衝突シミュレーション

過去20年間、自動車開発における乗員保護の重要性は、著しく増大してきました。法的規制や乗員保護プログラムの厳格化が、アクティブおよびパッシブ・セーフティの分野における顕著な技術革新を促進してきました。パッシブ・セーフティの視点は主として、事故により引き起こされる傷害の深刻さを軽減するための方法やガイドラインを開発することにあります。

課題

衝突シミュレーション 

このような方法や要求への実際の対応は、自動車メーカーや部品供給企業にとって、極めて厳しいものとなっています。

エアーバッグやシートベルト、座席シート等の安全装置を開発する場合、広範囲の衝突条件が、必要に応じて想定され適宜試験されなければなりません。このような安全装置の開発プロセスにおいて、設計段階におけるモデリングおよび実車を用いた実衝突試験とともに、スレッド試験システムとして知られる、衝突シミュレーション・システムは、最も重要なツールの1つになっています。

今日、このような衝突シミュレーション・システムは、試験に要求されている性能だけでなく、効率的かつ生産的な試験プロセスであることが求められています。そうしてはじめて、これらの装置は、安全システムの開発を的確にサポートできるのです。

インストロンのソリューション

衝突シミュレーション

パッシブ・セーフティの分野で、インストロンは衝突シミュレーション・スレッドシステムを75件以上納入しており、市場をリードしています。正面衝突やオフセット衝突、後突などの良く知られたアプリケーションに加えて、正面衝突におけるアクティブ制御されたピッチ運動シミュレーションは、この分野の優れた技術であることが実証されています。

インストロンの加速スレッドシステムは、自動車の安全システムと部品に関する開発と承認だけでなく、衝突過程における材料と構造の挙動調査にも活用されています。

このような先進的なシステムには、高い性能と異論をはさむ余地のない品質を示す実績があります。現在および将来の試験に関する最初で独自のソリューションは、生産性を増大するとともに、効率的な試験の実行を保証します。

 

さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから