表示パネルの試験

多くの自動車において、次世代車載情報通信システムの表示パネルやタッチスクリーンが標準装備になりつつあるため、機械的信頼性を測定することはメーカーにとって重要になっています。これらの表示機器は通常の電子デバイスよりも長く車両の寿命まで耐える必要があります。そのため、その機械的信頼性を測定することは、機器の信頼性と関連性があります。

課題

automotive

 

表示パネルは、長年の手荒い扱いに耐える必要があります。表示パネルを確実に長持ちさせるためには、いくつかの厳格な試験をパスしなければなりません。たとえば、表示パネルの複数の位置で圧縮試験を行わなければなりませんが、これは従来、時間のかかる試験になっています。破断にいたるまでの曲げ試験も実施されます。表示パネルはどこから破断するか判らないことが多く、破断を観察することが難しいことがあります。このような要素が、表示パネルの試験を難しくしています。

インストロンのソリューション

インストロンのソリューション

 

インストロンは表示パネルを移動させて、圧縮試験を複数位置で行えるXY ステージ を用意しています。ステージは、Bluehill 3 ソフトウェアのMulti-Testモジュールを使い、オペレータにより調整した様々な位置への移動ができます。そして、試験の測定は自動化され開始のボタンを押すことにより、全ての位置の試験が行えます。他の方法としてTestMasterソフトウェアを用いてXYステージを移動させることも可能であり、各々の位置の試験を別々の試験片として取り扱うこともできます。また、様々なサイズの接触子も用意されています。

インストロンは色々な曲げ/たわみ治具を用意しており、どのような表示パネルの曲げ試験ニーズに対応することができます。治具は3点曲げおよび4点曲げ方式があり、オプションとして固定スパンおよび可変スパンを選ぶことができます。治具は色々なオプションにより他用途にも使用することができます。特殊な曲げ試験ニーズがある場合、インストロンのCustom Solutions グループ がお客様と共同で特殊仕様に適合した治具を開発することも可能です。  

TestCamを用いて試験を記録し再生することで、破断状況を視覚で捉えて試験データとどのような相関があるかを見ることができます。リアルタイムで高速ビデオにより録画し再生することにより、破断時に表示パネルがどのような挙動を示すのかを明確にすることが可能です。


さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから