電線と絶縁材の引張試験

課題

課題

今日の自動車組み立てに使われる様々な電線やケーブルハーネスは、電力を給電するとともに、エンジン作動や車載自己診断コンピュータ、燃料噴射システム、補助的ライト、計器制御機器、一般化しつつある次世代車載情報通信システムを制御する信号を伝送するのに必要になっています。 これらの電線は被覆の中を通り布テープで巻かれ表示パネルに挿入されます。このような工程と処理の過程で電線の損傷や破断について高いリスクがあります。これらの電子機器は自動車に設置されるので、しばしば、高温や低温の状態にさらされます。

インストロンのソリューション

インストロンのソリューション

インストロンは、さまざまなサイズの試験片をクランプまたは保持するように設計されたグリップ、つかみ具を用意しています。空気圧式サイドアクショングリップ は電線やハーネスを確実に保持するグリップとして、一般的に用いられています。加えて、温度試験が可能な恒温漕もあり、Bluehill® Universalソフトウェアにより設定および制御することができます。予備加熱や予備冷却のような設定が可能であり、特定の温度条件で試験が実施できるようになっています。インストロンのカスタムソリューショングループは、試験中のお客様が増設したセンサからの電気信号測定が必要な場合について、お客様と共同で検討と実施しています。インストロンの試験システムには通信チャネルが用意されており、Bluehill Universalソフトウェアにより、力-変位曲線とともに電気信号(増設したセンサ信号)をグラフ表示することが可能です。


さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから