ノブとボタンの引張ねじり試験

世の中がスワイプすることで操作できるタッチ技術に移行しつつある中で、自動車の内部では依然としてノブとボタンを使用することがかなり一般的です。ノブとボタンによりドライバーは道路の状況に注視でき、触覚を使ってラジオを選局、エアコンを操作、シートの暖房をセットすることができます。手の触覚を通じて人間が対象物に力を入れたり、触れたりし、反対に対象物が人間に重くなったり、振動したり、カチッと音がしたりや反動したりして返します。例えば、ドライバーがフロントガラスのワイパーを作動させるとき、カチッと音がしてレバーが機械的に停止し、ドライバーが次のワイパーのレベルを認識することができます。

課題

ノブとボタンの引張ねじり試験

自動車メーカーにとって車両内部の様々な部品をクリックする、ねじる、押す、引くとトルクを定量化することは重要な測定です。自動車内部の不定形な部品は非常につかむのが難しく、例えば、ハンドル部品、フロントガラスのワイパーの制御レバー、とりわけ、ダッシュボードのノブは、小さくてつかむのが難しいことがあります。それに加えて、色々なパネル部品をねじる、圧縮する、押す、引くに加えて、必要な力およびトルクが小さい場合もつかむのが難しい課題になります。

インストロンのソリューション

ノブとボタンの引張ねじり試験

インストロンはつかむことが難しい部品のクランプと据付に使用できる、色々なt-スロットテーブル(t-スロットテーブル)やシングルコラム試験機用およびデュアルコラム試験機用の部品試験台を用意しています。これに加えて、ネジ式サイドアクショングリップは力の軸をロードストリング中心に調整でき、フェース面をオフセットすることができるので理想的に使用できます。です。様々なジョーフェース が用意され、グリップ面を最適に保つために交換できるようになっています。

二軸ロードセルを用いて測定する場合、低い力と低いトルクの測定は特に困難です。二軸ロードセルは軸方向荷重とトルクの両方を測定します。ロードセル からのノイズは一般的に2つの要因から発生します。ロードセルの形状と信号を制御するエレクトロニクスからです。二軸ロードセルの設計はチャンネル間の相互干渉があるので、標準的な単軸のみやトルクのみのロードセルと比較して、非常に複雑になっています。インストロンは広範囲な容量のロードセルを用意しています。 


さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから