織物の試験

自動車分野では織物は視覚的に楽しめるものであるとともに、長年に渡る手荒い扱いに耐える耐久性を持たなければなりません。自動車の持ち主は車両に乗り込むたびに内装を目にするので、視覚的な重要性は過小評価できません。自動車市場の競争は非常に激しいので、織物材料技術の新技術は大きな利点になります。

織物の引張試験

課題

織物の試験

織物の試験するのが難しいことがあります。何故なら柔らかいが引張方向には強いという独特な特徴を持っているためで、このため織物材料をつかむことが難しいことがあります。

インストロンのソリューション

織物の試験

インストロンは適切につかむことが難しい、高強度織物に対して多くの解決策ソリューションを用意しています。

インストロンは適切につかむことが難しい、高強度織物に対して多くの解決策ソリューションを用意しています。キャプスタングリップにより高強度試験片(例えば、シートベルト素材)を滑ることなくまた材料を損傷したり早期破断したりすることなく、最適につかむことができます。キャプスタンは、試験片の滑らかな表面を包み込みます。

コード及び糸用グリップはキャプスタングリップと同じ原理で機能し、長い滑らかな表面により応力集中を分散し、ひもや繊維の試験片に対して早期破断の危険性を低減します。

織物の振り子式衝撃試験

課題

織物の試験

多くの自動車が、レザー製の内装を持っています。レザー製品はどの車に対しても高級で気品のある繊細な手触りを与えてくれます。エアバッグのカバーに使用されるレザー製品の品質を調べることは、日光や気候による影響を受けた後の状態を含めて重要なことです。

インストロンのソリューション

織物の試験

エアバッグをカバーする材料の性能を測定するに当たっては、多くの要因を考慮する必要があります。レザーの引張強さの測定は、ISO 8256 Method Aに従って衝撃過程で決定されます。これはCEAST 9050振り子式衝撃試験機 で試験をすることができます。試験片(水平方向として)は特別な万力により支持およびクランプされます。試験片の自由端はクロスヘッドに固定されて、ハンマーによりクロスヘッドに衝撃力を受けます。 VisualIMPACT ソフトウェアにより、試験結果の解析が容易に行えます。

材料の破断状態は衝撃発生時にエアバッグのレザーカバーが破断する状況に影響するので、車の乗客の安全性にとって重要なことです。 

エアバッグ材料の試験

課題

織物の試験

特にエアバッグ材料に用いられる耐久性の高い種類の織物は試験することが困難なことがあります。材料の靭性が高く試験片の断面積が均一であると、試験中に滑りを起したり、グリップ部(チャック切れ)で早期破断を起こしたりすることがあります。

インストロンのソリューション

織物の試験

インストロンは2712-04X空気圧式サイドアクショングリップに簡単に装着できるジョーフェースを製作しています。空圧式サイドアクショングリップと簡単に装着できるジーフェースを組み合わせることにより、グリップのすべりやチャック切れを起すことなく、高強度試験片の試験を実施することができ試験の処理量も多く維持できます。

ジョーフェースは簡単に取り外すことができ、用途に応じてジョーフェースを変更することができます。

ジョーフェースはグリップに直接取り付けられ、試験片はジョーフェースの周囲に巻かれることにより、つかまれる部分の材料の長さが2倍になります。このようにして、標準的なジョーフェースのギザギザした表面は、チャック切れを起すことなく、材料を適切につかむことができます。


さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから