車輪の二軸の疲労試験

車輪とタイヤは重要な安全部品であり、その寿命期間中は厳しい荷重と摩耗にさらされます。 その信頼性確保は実際の荷重条件に可能な限り近似した試験条件で試験を行うことによってのみ得られます。フラウンホーファー研究機構の構造耐久性システム信頼性研究所(LBF)のアイデアに基づいて、車輪の二軸試験施設は1980年代初めから検証を行ってきました。この試験手法は多くのヨーロッパの車輪メーカーにおいて標準となり、2003年にはJ 2562としてSAE(SAEインターナショナル)の車輪規格に導入されました。Euro-CycleまたはAK-Cycleのような規格化された荷重設定条件が開発され、初期の設計範囲の300,000kmにおける損傷内容だったものを変更して、10,000kmにおける損傷内容にして試験時間を短縮することができました。今日、さらに荷重設定条件を規定する方法が現われました。Hayes Lemmerz法を用いることにより、ZWARP(二軸試験)制御パラメータを使いひずみゲージによる測定の必要がなく、車輪にかかる力から直接測定できるようになりました。

課題

Zwarp Challenge

車輪とタイヤは重要な安全部品であり、その寿命期間中は厳しい荷重と摩耗にさらされます。車輪とタイヤは重要な安全部品であり、その寿命期間中は厳しい荷重と摩耗にさらされます。 

インストロンのソリューション

Zwarp Solution

インストロンの開発した車輪の二軸試験(ZWARP)は追加の油圧アクチュエータにより側面からの角度で大きな力を制御して、非常に正確に調整ができます。また、コンパクトなデザインであり堅牢性が高く、極めて高い再現性を持っています。

Hayes Lemmerz法を用いることにより、ZWARP(二軸試験)制御パラメータを使いひずみゲージによる測定の必要がなく、車輪にかかる力から直接測定できるようになりました。


さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから