小児用安全薬瓶の試験

課題

Child-Proof Medicine Bottle

小児用投薬薬瓶(CR薬瓶)などの小児用安全包装(CR包装)は、大量に飲み込むと危険性を生じる成人用薬品の摂取によって、小児が毒物を口に入れるリスクを低減します。製薬産業におけるCR包装には、処方薬品および店頭薬品の両方が含まれます。CR包装が必要な一般薬品および消費者製品には、アセトアミノフェンやアスピリン、イブプロフェン、うがい薬が含まれます。CR包装における課題としては、包装を開けるのに必要な力とトルクが小児にとっては充分高い一方で、老人や関節炎などの関接障害を持つ成人にとっては高過ぎないことの両方を保証することです。

インストロンのソリューション

Child-Proof Medicine Bottle Testing

単純な製品であるにも関わらず、小児用投薬薬瓶(CR薬瓶)を効果的に開け閉めするには、軸方向とねじり方向の力が必要です。多くの二軸試験システムは複雑で評判が良くありませんが、インストロンのねじりを追加したTorsion Add-On 5900 シリーズ 卓上型システムは、二軸試験用に扱いやすく設計されています。ねじ式サイドアクショングリップにより薬瓶本体を保持し、4面チャックによりキャップを掴むことにより、CR薬瓶を押し下げると同時にねじることができます。Bluehill® Universal ソフトウェアにTorsion Add-Onを用いることにより、キャップの取り外しと取り付けを一連の1回の試験で実施できます。Bluehill Universalソフトウェアには柔軟性があり、消費者がCR薬瓶の開け閉めする行動を忠実に再現することができます。