医療用手袋の試験

課題

Medical Glove

医療用手袋はラテックスやニトリルゴム、ビニールなどの材料から製造されます。これらは全て、FDAやASTM D6319、ASTM D5250、EN 455-2、ISO 11193-1:2002、そしてISO/AWI 11193-2などを含む国際規格によって規定されている性能水準に適合する必要があります。通常、医療用手袋のメーカーは、新品の手袋だけでなく、在庫寿命の基準を決定するために、経年加工させた手袋についても、機械的性質の試験を行います。大部分の場合、機械的試験によりゴムやラテックス材料の破断における強度と伸びを調べ、正常な使用範囲に入ることを確認します。医療用手袋の伸びを測定するときの問題点の1つは、正確にひずみを測定することにあります。従来のひずみ測定デバイスでは、材料を損傷するリスクがあり、装着する箇所において望ましくない異常破断を起こしてしまいます。

インストロンのソリューション 

Medical Glove Testing

伸び計が要求される場合、標準ビデオ伸び計 (SVE)または高性能ビデオ伸び計 (AVE)などの高分解能ビデオ伸び計の1つを使うことを推奨します。SVEとAVEは試験片表面にマークされた2つの点を利用して、試験片の伸びを追跡するように設計されたカメラシステムです。この技術は伸び計のナイフエッジによる荷重が試験片に負荷されないので、ラテックスのような繊細な材料の早期異常破断を防止できます。クロスヘッドによる伸び測定が適切な場合は、線接触で、グリップから材料が抜け出ることのない、空気圧式サイドアクショングリップを推奨します。