ヘッドフォン圧縮試験

課題

ヘッドフォンは、耳を覆うワイヤ接続タイプから、オーディオ・デバイスの音量を制御することのできる、ワイヤ接続またはワイヤレスのモデルまで、年々進化しています。このようなヘッドフォンにおける、電源や音量制御の機能追加により、製品品質や消費者の使い勝手を確保するために、機械的試験が必要性となっています。電源や音量制御の不良製品は、使用に適しません。そのようなことから、ユーザー仕様と検査方法を決定して、高品質製品を供給するため圧縮試験が重要になります。

インストロンのソリューション

インストロンのシングルコラム万能材料試験機は、低荷重試験用に設計されています。XY方向および 回転方向に可動できる、様々なXY stages(XYステージ)が用意されています。様々な半径を持った穿刺プローブが用意され、ボタンやタッチに関する製品仕様に適合する試験が可能です。 Bluehill® UniversalソフトウェアのTestProfiler 機能を用いることにより、どのような試験手順の要求にも対応できるように、停止機能を持つランプ試験を行うことができます。メーカーは、このような柔軟性のあるシステムを活用することにより、ボタンが圧縮されている時間長さや、信号の起動に必要な力等に関して、様々な設計基準に合わせることができます。