スクリーンの引剥がし試験

課題

有機発光ダイオード(OLED)は、平面ディスプレイ分野における次世代技術であり、従来のLEDディスプレイに比較して、優れた明るさや、高いコントラスト比、低消費電力、薄パネル化等の利点を持っています。その結果、現在、OLED技術は、スマートフォンやタブレット、テレビ、ウェアラブル・デバイス等の、多くの消費者電子デバイスに導入されているので、OLEDに対する機械的試験の研究が、極めて重要になっています。

OLEDパネルは、湿気や酸素の影響を強く受けるので、その寿命の把握は、信頼性の観点で最重要な課題の1つです。非常に反応性の高い陰極は、湿気や酸素により簡単に腐食するので、有機材料が水分に曝されると発光機能は消滅します。効果的な保護手法により、酸化を防止し、水蒸気と酸素の浸透を阻止することが不可欠です。周囲部分の封止として、紫外線硬化されたエポキシを用いることが、1つの解決策です。他の手法としては、ガラスやPET基板とOLEDを、接着剤の薄膜フィルムにより接合した多層構造とする方法があります。

インストロンのソリューション

OLEDディスプレイパネルの課題に対する対処法として、界面強度を測定し接着強度を評価する、シンプルな機械試験方法である引剝がし試験が推奨されます。インストロンでは 接着剤剥離治具が用意されており、その中のオプションとして、90 度引剥がし治具角度可変引剥がし治具があります。OLEDディスプレイパネルに対しては、しばしば、90度引剥がし冶具が、引剥がし強度の測定に用いられます。更に、小型90度引剥がし治具小型角度可変引剥がし治具を、より薄いフィルムやテープの引剥がしに対して用いることができます。空気圧式グリップを、引剥がしの前に試験片を保持するのに用いることを推奨します。薄膜フィルムの場合、マイクロ空気圧式グリップまたはグリップ面がゴム被覆されているグリップを用いることができます。

インストロンの5900 シリーズおよび3300 シリーズ システムが、引剝がし試験には適しています。Bluehill® Universalソフトウェアにより、引剝がし長さや引剝がし速度等の、荷重測定のための試験パラメータを設定することができます。