光電池 / 太陽電池の引剥がし試験

IEC 61646 | IEC 61215

課題

地球規模でグリーン・エネルギーに注目が集まる中で、色々な用途に対する、高効率で低コストの太陽電池の開発が盛んに行われています。メーカーにおいては、太陽電池(PV)の製造で用いられる、薄膜フィルムおよび基板の機械的性質を評価する機械的試験が必要になっています。世界の規制団体である、国際電気標準会議International Electrotechnical commission (IEC)が、IEC 61646「地上型薄膜フィルム太陽電池モジュール-設計認定と型式承認」およびIEC-61215「地上型シリコン結晶太陽電池モジュール-設計認定と型式承認」等の規格を発行しています。これらの規格は、130km/hの風圧に耐える等、外的条件を再現するPVの機械的試験に焦点を当てています。

インストロンのソリューション

上記のような課題に対して、スタックとして知られる、多層薄膜フィルムに関する、90度接合引剥がし試験が推奨されます。この試験により、層間の接合品質を確認できます。層間における電気的結合を、高い信頼性で確保できる接合強度を推定するのに必要な、引剥がし強度を計算できます。インストロンの5900 および3300シリーズシステムは、90度引剥がし試験用途に適しています。さらに、Bluehill® Universalソフトウェアを使用することで、試験方法をセットアップし、試験後に結果を収集することができます。90 度引き剥がし治具 は、摩擦のない設計になっており、試験されるフィルムと接着剤に関する、正確な応力測定結果を得ることができます。角度可変引き剥がし治具 を使用すれば、PVモジュールについて、例えば45度や30度等の、90度以外の引剥がし試験を行うことができます。