生体材料および再生医療用試験機

怪我、老化現象、および病気は、人の体に徐々に痛みや不快さを与え、人体の組織に対する不可逆的変化をもたらし、動けない状態を引き起こす要因となります。研究者と技術者の努力により、代替組織の開発、外科手術技法の改良、代替バイオ材料の育成が行われてきました。また組織の生理機能と力学におけるこれらの技術による変化を的確に診断することが学習されるに従って、非常に重要な研究ステップとなるのは、研究者や技術者がシミュレートしようとしている自然の組織を評価することです。さらに、この健全な組織の力学的知識は、病気にかかった組織あるいは損傷した組織を診断するために、処置の最中あるいは外科医において利用されます。

以下のウェブサイトでは、組織の試験に関する最も一般的な適用例の概要を紹介します。この中では、インストロンのバイオメディカル専門家により、皆様の個別の試験要求事項を満足するカスタマイズされたソリューションをつくり上げるために役立つ製品と付属品が紹介されており、それに加え、その経験と幅広い知識も提供されています。

バイオ材料および再生医療に用いられる試験システムには、5940シリーズおよび5960シリーズ、ならびにElectroPuls動的試験装置があります。 ねじり試験 多軸試験 および 衝撃試験 などその他の試験も用いることができます。

5900シリーズ 万能材料試験機

5900

5900シリーズは、最新式のフレームを用いたさらに高性能な万能システムです。優れた精度と信頼性、高い作業効率と作業環境、そしてオペレータに強化された作業経験をご提供するために、高機能な設計となっています。このシリーズは、試験設定、試験の実施およびデータ解析用にBluehillがパッケージ化されています。

詳細を見る

ElectroPuls™ 試験機

Electropuls

エレクトロダイナミック試験システム(ElectroPuls™)は、リニアモータ技術(特許取得済)を使った材料試験機として確立されました。10kNまでのモデルがあり、低速での静的試験と100 Hzクラスの動的疲労試験が可能です。また、10 kN容量のE10000にはリニア/トーション(二軸)モデルもあり、材料やコンポーネントの二軸試験が可能なアクチュエータ(特許取得済)を備えています。

単相電源のみで駆動でき、従来の油圧サーボ技術とは異なった環境への影響が少ない、全く新しい疲労試験機です。

詳細を見る