鉄筋の試験ソリューション

世界の建設需要は、2025年までに70%以上成長し、15兆ドルに達すると予測されています。成長する分野としては、新しい橋梁や道路、ダム、トンネル、競技場等が想定されています。これらの全ての構造物では、引張強度を向上させるため、コンクリート中に埋め込まれる鉄筋(リバー)が必要になります。

様々な鉄筋の製品規格は、複数の国際試験規格と連携しており、試験ガイドラインは広く知られています。インストロンの試験機はISO 6892-1:2009ISO15630-1、またASTM E8M: 2013A370 A615;AC133、BS 4449、GB 1499、JIS G3112の規格に準拠しています。

鉄筋の引張試験の要求事項は、製品と試験規格の補遺として広く用いられており、ユーザーによってよく誤解される分野に関して、説明がされています。インストロンのウェブサイト上のセミナー「A Webinar: Challenges of Rebar Testing 」もご参照ください。

鉄筋の試験には、多くの課題があります。試験片が不規則または湾曲していること、引張試験における破断の激しさ、ひずみや伸びの測定、引張試験結果の再現性と精度の確保、曲げ試験、鉄筋継手のサイクル試験などです。

下記サイトからも、試験効率と生産性を向上、オペレータの安全性の向上のためにお役立ていただけるインストロンの情報をご覧いただけます。

slideshare youtube Download PDF