クリープ

(英語:Creep)

クリープとは、一定の温度、一定の応力を受ける材料が、ある時間を過ぎた後に生じる変形。金属では、クリープは通常、高温時にのみ生じる。常温では、プラスチック材料のクリープが一般的であり、コールドフローとも呼ばれる。クリープ試験で取得されるデータは、通常、一定応力および一定温度下でのクリープひずみ-時間線図で表される。曲線の傾きはクリープ率であり、曲線の終点は破壊(破断)点である。図に示される通り、材料のクリープは3つの段階に分けられる。第一段階(または第一期)のクリープは急速であり、時間とともに遅くなる。第二段階(第二期)のクリープは比較的一定速度で進む。第三段階(第三期)のクリープでは、クリープ速度が速くなり、材料の破壊(破断)により終了する。(応力緩和の項も参照ください)