電気機械式万能試験機(引張・圧縮)

一般的に電気機械式万能試験機は、引張や圧縮の静的試験に最も多く使用されています。こうした試験機は引張試験機とも呼ばれます。試験形式別には、引張、圧縮、せん断、固定、剥離、引裂き、サイクル、曲げ試験などがあります。これらシステムの容量は、試験フレームによって、0.5 kN(50kg)の低容量から最大で600 kN (60t)までの大容量があります。これらシステムは自動試験用にも使用されます。                  

インストロンでは引張や圧縮、せん断、固定、剥離、引裂、曲げなどの多様な静的試験を一手に引き受けるの電気機械式万能試験機を2シリーズからお選びいただけます。ご高度な研究開発に適したフラッシップモデル5900と研究開発から品質管理において汎用可能な3300の2シリーズの両シリーズは高精度及び高信頼性を約束する先進設計で、操作性おt再現性、安全性に優れています。

詳細

電気機械式万能試験機は、引張や圧縮の静的試験にもっとも一般的に使用されています。こうした試験機は引張試験機とも呼ばれます。試験形式別には、引張、圧縮、せん断、固定、剥離、引裂き、サイクル、曲げ試験などがあります。これらシステムの容量は、試験フレームによって、0.5 kN(50kg)の低容量から最大で600 kN (60t)までの大容量があります。これらシステムは自動試験用にも使用されます。

Instron features two tiers – the 5900 Series for advanced testing requirements typically found in R&D and product development labs; and the 3300 Series – an affordable line suitable for Quality Control (QC) labs and production environments. These systems are frequently configured for automated testing. In addition to the testing equipment, specimen preparation is an extremely important factor to consider when evaluating the repeatability of results. Specimens with nicks, cuts, and non-parallel edges will have an adverse impact on repeatability of results.