弊社のウェブサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。 弊社のウェブサイトを継続してご覧になる場合は、クッキーの使用に同意する必要があります。 詳細情報

プラスチックフィルムの180度剥離試験

一般的に、プラスチックフィルムはさまざまな製品の保護カバーとして使われています。これらの低剥離力フィルムは、よくLCDの画面や他のこすれやすい表面の保護に使われています。フィルムを剥がすために必要とされる力は、消費者と製造者の両者にとって非常に重要です。フィルムは簡単に剥がれなければなりませんが、接着剤は製品の防護のために損なわれないよう十分な強さでなければなりません。

携帯電話のLCDで使われるプラスチックフィルムの、ある大手メーカーは、自社製品の剥離強さの測定に興味を持ちました。インストロンの5544型万能試験機に、10Nのロードセル、100Nのネジ式グリップ、ゴムコートフェース、Bluehill® 2ソフトウェアという構成で、この企業は180度剥離試験を実施しました。

インストロンでは、シングルコラム型ツインコラム型試験機にのいずれかに、空気圧式または手動のネジ式グリップ、そしてフィルムが何から剥されるのかによりゴムコートフェースあるいはフラットフェースを使用することを推奨しています。空気圧式グリップはクランプされた試験片を自動調心してしまうのに対し、ネジ式グリップは手動で試験片をオフセットして取り付けることができます。オフセット取り付けが可能ということは、引張荷重源(このケースでは剥離面)とロードストリングの軸心を合わせることができるので、これによりロードセルにオフセット荷重がかかることを防ぐことができます。薄い(かつ平らで十分な剛性がある)基材からフィルムを剥がす場合、空気圧式グリップを使用することを推奨します。より厚みのあるものからフィルムを剥がす場合には、手動のネジ式グリップが適しているでしょう。
 
データの取得について考慮することも重要です。これには、お客様の試験機は、正確な平均荷重計算のために試験のピークと谷が確実に捕捉されるよう、一様で高いデータサンプリングレートが必要となるでしょう。さらに、帯域幅も重要な役割を果たします。帯域幅が低すぎると、試験システムを”鈍らせ”、ピークや谷を捕捉し切れないことにつながりうる一方、帯域幅が高すぎると、ノイズにより読み値が悪影響を受けることがあります。

このソリューションについて

関連試験規格: ASTM D903 | JIS K6854-2
試験片タイプ: 接着剤 | フィルム
Materials: プラスチック | 接着剤 | フィルム
試験形式: 剥離、引裂き、摩擦
ビジネスセクター: 工業製品

You are viewing a static image in place of an informative flash animation. Please download Adobe® Flash Player and refresh this page to view the animation.
このソリューションへのご質問などは・・・
お問合せください

関連資料

2525-800 Series Load Cells   2525-800 Series Load Cells
2710-100 Series Screw Side-Action Grips   2710-100 Series Screw Side-Action Grips
5900シリーズ カタログ   5900シリーズ カタログ

弊社デモルーム

インストロンジャパンのデモルームで、実際に試験機をご覧頂くことができます。また、試験片をお持ちいただき、適切なグリップなどのアクセサリーについてご相談いただくことも可能です。
詳しくはお問合せください。