AUTOX750

自動接触式伸び計


本製品は、高品質規格への要求事項に答えつつ、安全な作業を維持しながら、能率と収益を最大化するための試験片処理能力を向上するご要望に対応することができます。規格の要求は、材料試験のルーチン的作業においても、試験の速度や信頼性、精度へ影響を与えています。AutoX750(カタログ番号 2665-750)は、この要求をサブミクロンの精度で満たすことができる自動長伸度伸び計です。自動化された標点距離位置決めから試験片への取り付けが行えるため、より安全で単純化された試験ルーチンの利点を体感いただけます。試験現場では従来型のクリップオン伸び計では時間のかかっていたセットアップに比べて試験サイクルの時間短縮とマニュアル操作による重要な試験におけるデータのばらつきを排除できます。


見積もり依頼    仕様を見る


AutoX 750 プラスチック試験

動作原理

AutoX750は、インストロンの3300、5500、5900シリーズ試験システムと統合され、USBインターフェースを介してBluehill®Universalソフトウェアで制御されます。ソフトウェアでは、アームの自動標点距離、アームの基準位置、試験前と試験後のアームの開閉といった使いやすい機能と設定が可能です。

カウンターバランスされた測定アームは事実上無重量であるため、試験中の材料特性への影響は除去されます。モーター駆動の測定アームは、毎回正しい位置と標線距離に自動的に移動します。

アプリケーション範囲

  • 引張試験:金属、複合材料、プラスチック、エラストマー
  • 曲げ試験: プラスチック
  • 試験片形状:細線、丸棒、六角形、および平板
  • 適合規格:以下を含む最も厳格な試験規格に適合:


AutoX750自動接触式伸び計



1

高い測定範囲

AutoX750は、750mmの測定にわたる高精度と高分解能により、幅広い試験片サイズと標点距離を網羅しています。それにより試験のセットアップ時間が短縮され、従来型の伸び計を複数台所有する必要が無くなりました。
 


2

カウンター・バランス技術

当社が開発を重ねてきたカウンター・バランス技術により、試験中の材料に対する外部からの影響を排除し、高い再現性と信頼性のある測定を生み出します。
 
 



3

自動試験アーム

シンプルで安全な試験の流れを提供し、1回あたりの試験時間を減少、高い再現性が得られる設計となっています。自動化アームを試験片に取り付け、ほとんどの材料に対して破断まで取り付けたままにすることができます。
 


4

交換可能なナイフエッジ

交換可能なナイフエッジと調整可能なクランプ力により、さまざまな材料と試験片形状に対応します。
 
 
 

 




幅広いアプリケーション

AutoX750の高精度な測定により、金属、プラスチック、複合材料等すべての材料に対応できる理想的な伸び計となっています。弾性率、Offset Yield, 破断までの塑性伸び(非比例)、および金属試験片のN値とR値を含む種々な計算値を正確に求めます。









AutoXBiax
軸方向・横方向ひずみ測定



AutoXBiax

AutoXBiax(カタログ番号2665-751)は、軸方向と横方向ひずみの両方を同時に測定する自動化された高精度測定装置です。AutoXBiaxは、AutoX750と同じ高精度光学測定システムを使用して開発されたもので、鋼の塑性ひずみ比(r-値)を測定するために特別に設計されており、ISO10113、ASTME517、JIS Z2254等、現在の規格基準を上回る結果を得ることができます。AutoXBiaxは、3382Aおよび5900シリーズ・システムに対応しています。
 

仕様を見る
 



特許技術
AutoXの特許技術に関する動画





お問合せフォーム