二軸伸び計

インストロンの2650シリーズ二軸伸び計は、高分子マトリックス複合材料や、金属、プラスティックを含む幅広い材料を、広範な温度範囲において試験するのに理想的です。2つのセンサは、試験片の両面の軸方向ひずみを測定し、3番目のセンサは、横方向ひずみを測定します。伸び計は、ASTM E83クラスB1、ISO 9513クラス0.5、ISO 527の校正に関する必要条件に適合します。

操作原理

これらの二軸方向クリップ式伸び計はひずみゲージを使って測定し、高強度アルミニウムや、チタン、ステンレスから作られています。全ての伸び計は、容易に片手で操作できる特徴を持ち、整合性の高い結果を確実に得られるとともに、温度制御チェンバーの中で安全に使用できるようになっています。伸び計は、電気的な自動校正が採用され、個別のシリアル番号を含めたトランスデューサの識別が可能です。

全ての伸び計は、試験片の両面の軸方向ひずみを測定します。平均化された単一の軸方向特性を出力するタイプと、個々の2つの軸方向特性を出力するタイプの両方があります。どちらの場合でも、平均化された軸方向ひずみを活用することによって、アラインメントのミスにより生じる試験片の曲げを補正することができ、剛性を整合性高く正確に決定することができます。両面における個々の出力を利用すると、平均化された軸方向ひずみと曲げひずみの両方を同時にモニターすることができます。さらに、伸び計は、横方向ひずみを測定するセンサを備え、ポアソン比や平面せん断剛性などの特性を決定することができます。

伸び計のコンタクト方式としては、円錐頂点が標準であり、大半の複合材料に推奨されます。他のコンタクト方式も可能であり、熱可塑性プラスチックなどの柔らかい材料に推奨される線状コンタクトや、薄い断面の試験片に最適なV字形状コンタクトもあります。

アクセサリー

アクセサリー
品名 Gauge Length % Travel (Axial) Cat #
Biaxial Extensometer 25 mm gauge length 25 mm .984 in -2 to +5% -0.5 to 1.25 2650-561
Biaxial Extensometer 50 mm gauge length; 1 axial and 1 transverse 50 mm 1.968 in -1 to 2.5% -0.5 to 1.25 2650-563
Biaxial Extensometer 1 in gauge length; 1 axial and 1 transvers 25.4 mm 1 in -2 to +5% -0.02 to +0.5 2650-565
Biaxial Extensometer 2 in gauge length; 1 axial and 1 transverse 50.8 mm 2 in -1 to 2.5% -0.02 to 0.05 2650-567
Biaxial Extensometer 25 mm axial gauge length 25 mm .984 in -2 to +5% -0.5 to 1.25 2650-571
Biaxial Extensometer 50 mm; 2 axial and 1 transverse 50 mm 1.968 in -1 to 2.5% -0.5 to 1.25 2650-573
Biaxial Extensometer 1 in gauge length; 2 axial and 1 transverse 25.4 mm 1 in -2 to +5% -0.02 to 0.05 2650-575
Biaxial Extensometer 2 in gauge length; 2 axial and 1 transverse 50.8 mm 2 in -1 to 2.5% -0.02 to 0.05 2650-577