たわみ計

これらの標準的なたわみ測定用デバイスはLVDT変換用です。 幅広いアプリケーションの測定範囲に対応しています。

操作原理

変換器の本体は固定形状となりますが中心軸は可動式です。中心軸は、バネが組み込まれており、先端がボール形状となっています。たわみ計は試験システムの一部として、固定され、可動する先端部分は、計測対象エリアまで到達します。計測エリアの動きの変化はたわみ計の先端部分から変換器に伝わり、変換器より信号化され、たわみの結果として数値化されます。

適用範囲

製品、部品、デバイス用の標準的なたわみ計

アクセサリー