空気圧作動式グリップ

幅広い材料と試験片タイプに対応するグリップソリューション


空気圧作動式グリップは、繊維、ワイヤー、シート、ホイル、フィルム、テキスタイル、プラスチック、ゴムといった幅広い試験片をカバーし、幅広い材料を効率的につかむことが可能です。つかみ圧とフェースの開閉スピード調整機能により、 幅広いアプリケーションに対応するので理想的なソリューションです。 さらには、 2712-04x と 2712-05x グリップは 使いやすさのための多くの特徴があります。特にグリップフェースの交換がすばやく行える点 、オペレータの安全性や再現性の向上のために、オプションのフェースシールドや 試験片センタリングデバイスをご使用いただくことも可能です。


お見積りのご依頼





ラインナップ
50 N - 10 kN 荷重容量




2712-04x シリーズ空気圧作動式グリップ



中容量のグリップ
1 kN、2 kN、 5 kN、 10 kN

2712-04x シリーズは 幅広い種類の材料やプラスチック、金属、テキスタイル、紙、薄板、ホイル、ワイヤーといった試験片の引張試験に理想的です。
 


仕様を見る    グリップフェースを見る

2712-05x シリーズ空気圧作動式グリップ



低容量のグリップ
50 N と250 N

2712-05x シリーズは 幅広い種類の材料やプラスチック、金属、テキスタイル、紙、薄板、ホイル、ワイヤー、フィルム、単繊維といった試験片の引張試験に理想的です。


仕様を見る    グリップフェースを見る



温度環境対応型グリップ
-70° C から+315° C  | 100 N と1 kN

高温や低温での試験のニーズに対し 温度環境対応型の空気圧作動式グリップもご用意しております。温度環境下において、幅広い材料の 有効なつかみ方法を提供します。


100 Nグリップの仕様を見る    グリップフェースを見る
1 kN グリップの仕様を見る    グリップフェースを見る





5900 シリーズ デュアルコラム試験機と空気圧作動式グリップ

操作原理

空気圧作動式グリップはグリップ本体内の空気圧シリンダーがデュアルレバーアームを駆動し、試験片を掴みます。 つかみ圧は流入空気圧を調整することで制御でき、試験中に試験片の厚みが変化しても 一定に保たれます。 空気圧式グリップは、フットスイッチもしくはもしくはグリップと一体化としているスイッチで(ほぼすべてのモデルで対応)操作できるので、 手締めのグリップに比べより素早く簡単に試験を行うことが可能です。

適応範囲

  • 荷重の種類: 引張試験、静的試験、引張の繰り返し試験 ※ 高サイクルの疲労試験には適しておりません。
  • 試験片の材料: プラスチック、金属、テキスタイル、紙、薄板、ホイル、ワイヤー、フィルム、単繊維
  • 試験片の形状: 円形又はフラットなダンベル型、短冊形
 
 


より安全に。
オペレータの指はさみ事故から保護







より簡単に。
グリップは簡単に取り外しができ、 フェースも工具なしで交換可能。


1 kN 空気圧作動式グリップ
 


よりスマートに。
試験の再現性や使いやすさを重視し設計されています。




汎用性がポイント






詳しくはお問合せください。

2712-04x シリーズ 仕様書

2712-04x シリーズ 空気圧作動式グリップの仕様書 ダウンロード

2712-05x シリーズ仕様書

2712-05x シリーズ 空気圧作動式グリップの仕様書 ダウンロード