押出プラストメータ手動おもり選択装置

課題

業界の多くの試験室では、定期的に一定量材料試験を行う品質管理(QC)の役割に加え、開発のためのプロセスの一環として、また問題が発生した場合に要求に応るための機能を担っています。複数の製品に焦点を当てたQCの役割は、様々なメルトフロー試験条件を必要とする場合があります。このような試験室では、1日に数回おもりを交換し、複数回の試験を行う必要があります。基本的なメルトフロー試験機は、安全上の懸念(重いおもりの取り扱い)を引き起こし、清掃のために過剰な時間と肉体的努力を要求することがあります。

インストロンのソリューション

このような試験室では、1日に数回おもりを交換し、複数回の試験を行う必要があります。基本的なメルトフロー試験機は、安全上の懸念(重いおもりの取り扱い)を引き起こし、清掃のために過剰な時間と肉体的努力を要求することがあります。おもりを取り扱う際の安全を確保するために、インストロンMF20およびMF30メルトフロー試験機にはオプションの手動おもり選択装置を装備することができます。すべてのおもりは専用サポートに取り付けられたままで、オペレーターには適切な質量アプリケーションを選択するためのハンドリングの移動のみが求められます。おもりの標準設定は、次の試験条件を可能にする:0.325(ピストンの質量)-1.2、-2.16、-3.8、-5、-10、-12.5および-21.6kg。このオプションは、大幅な時間節約と少ない肉体的労力、安全上の懸念を伴って、試験室オペレーターにとってはるかに寿命を容易にします。すべてのおもりが試験機本体に接続されたままになるため、作業領域は整理されたままになります。

関連内容

レオロジー

Instronのレオロジーシステムを用いて、熱可塑性プラスチックのレオロジー特性を測定し、プロセス条件下でのポリマーのメルトフロー特性評価を行うことができます。メルトフロー試験機からキャピラリーレオメーターといった幅広いレオロジーシステムにより実現可能です。