第三段階: 製造停止/可能な範囲でのサポート

Lifecycle Timeline

製品のライフサイクルに関するポリシーは、お客様がインストロンの試験装置を永続的に進化させる計画をサポートし、どのように進むべきかについて提案させていただくために設定しております。インストロンは製造者として責任を持ち、お客様のニーズに対し真摯に対応すべく、試験機の保守状況についてお知らせを継続致します。


 第三段階 – 製造停止/可能な範囲でのサポート: 製品のライフサイクルの終わりに近づいてきました。この段階に属する製品は、既に製造停止しております。サービスとサポートは可能な範囲で実施しますが、部品の供給に時間がかかることや、価格が上がるといったことが想定されます。 次のライフサイクルは最終段階の第四段階、製造停止 / サポートの終了となります。 安全性とデータ信頼性に関する問題については、お客様にお知らせします。
多くの交換保守部品が、サービス終了となりますが、可能な限り以下に示す方法により提供できるよう努めております。
  • 引き取り修理: 当該部品を引き取らせていただき、修理が可能な場合は修理いたします。
  • 交換修理/再生品の提供: インストロンに在庫している、修理済みの部品があった場合のみ提供可能ですが、最新のシステムへの移行を強くお勧めいたします。
第三段階の試験機をお持ちのお客様へのご提案:
  • 最新システムの導入で、現在のシステムの生産性の向上することが可能です。
  • 最新ソフトウェアの導入で、オペレータの効率性を向上することが可能です。
  • 最新型試験機の導入で、長期間に渡り、競争力を高めることができます。

新システムへの移行のご提案:
 業界の増え続ける材料試験に関する要望に、継続的に対応するため、新テクノロジーをお客様の試験機に導入ください。現在ご使用中の試験システムから、将来新しく提案されるテクノロジーへ移行を決断頂く絶好のタイミングです。可能な範囲でのサポートの段階に近づいている試験機は、最新型の試験システムが持つ機能と同等レベルのデータの信頼性や、データ処理能力、制御機能の提供が困難となります。試験システムの突然の停止等で試験計画に影響を及ぼさないよう、事前の制御系アップグレード又は装置の更新のご計画をおすすめします。本件に関し、ご不明点などございましたら、インストロンジャパンまでお気軽にお問い合わせください。

第三段階に含まれる製品番号は、下記よりご覧いただけます。

<インストロンジャパン お客様センター>044-853-8530






Model 3384

3380 Blue

Models mini-44 (MN44), 4411, 4442, 4443, 4444, 4464, 4465, 4466, 4467, 4468, 4469, 4481, 4482, 4483, 4484, 4485, 4486, 4487, 4488, 4489

4400



4400

Life Cycle Notice Letter: Instron Model 4400 Series in Phase 3 – Out of Production/Best Effort Support



Models mini-55 (MN55), 5542, 5543, 5544, 5548, 5564, 5565, 5566, 5567, 5569, 5581, 5582, 5583, 5584, 5585, 5585H, 5586, 5587, 5588, 5589

5500

Life Cycle Notice Letter: Instron Model 5500 Series in Phase 3 – Out of Production/Best Effort Support



Models 5842, 5843, 5844, 5848 5865, 5866, 5867, 5869, 5881, 5882, 5884, 5885, 5885H, 5888, 5889