バンパーの衝撃試験

課題

課題

自動車やオートバイに使用されるプラスチック部品に対する衝撃試験を行うことで、高速でのインパクトの衝撃に対する応答性が分かり、安全に関する有益な情報が得られます。 車両バンパーの試験は自動車メーカーが実施した大変多くの研究例があります。低速時の衝突などの衝撃を吸収するには、バンパーは柔軟に変形しなければなりません。しかしながら同時に大きな事故においては、バンパーは破壊され衝撃エネルギーの一部を吸収しなければなりません。

このような材料特性は、多角的な使用温度および使用条件を考慮して、決定されなければなりません。

インストロンのソリューション

インストロンのソリューション

バンパー材料の衝撃抵抗特性を明らかにするには、平らな形状試験片において、様々な衝撃エネルギー、速度や温度における試験を実施しなければなりません。使用素材材料についてデータ採取した後、成形されたバンパーについて、同じ条件で試験を実施します。落錘システムおよびデータ収集装備により、試験過程における荷重-変形曲線を解析することにより、バンパーが衝撃時にどのように破壊するかを評価することができます。

 

さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから